葬儀や遺品整理についての知識を深めておくことは大切です

変わりつつある

参列者への配慮が重要

葬儀について改めて考える人が増え、時代の変化と共に葬儀観もどんどん変わっていってます。個人を大切にする風潮の中で、葬儀のスタイルも新形式のものが出てきました。無宗教葬はその代表とも言えるもので、葬儀に自分らしさを取り入れることができると言うことで、注目度が年々上昇しています。 とは言っても、葬儀はとくにですが、昔ながらのしきたりを重んじる人が大部分です。どうしても無宗教葬をしたいと考えるのであれば、参列者に対しての配慮を行うべきと言えます。故人の遺志で行っていると言うことを分かってもらわなければいけません。生前からできる限り多くの人に、無宗教葬をしたいと言う旨を伝えておくと言うのも一つの手です。

無宗教葬の演出方法とは

無宗教葬は、従来の葬儀の概念を覆したと言われています。本来の葬儀では行わないようなことでも、無宗教葬では行われることが多いです。 斎場に楽団を呼んで、故人が生前によく聴いていた音楽を演奏してもらうと言う演出もあります。楽団を呼ぶとまでいかなくても、会場に音楽を流すこともよくあります。しかし、あまり激しい音楽を流すことはありません。厳粛さと華やかさを出すために、クラシック音楽を流すことが多いです。 また、大型スクリーン常設の斎場も増えてきました。スクリーンを利用して、故人の子供の時からの写真を、スライドショーとして見てもらうと言う演出も人気です。これから、もっと新しい無宗教葬が出てくると言われています。